MENU

画像

冬場には大活躍するコートですが、コートを自分で洗濯するのは、風合いが悪くなったりしそうで、なんとなく怖くて洗えないものですよね。しかし、ずっと着続けるわけにもいかないですし、目立つ汚れがついてしまったら、放置するわけにもいきません。そんな時はクリーニングを利用される方も多いと思いますが、初めてコートをクリーニングに出す際は、気になる点もあるのではないかと思います。そこで、コートをクリーニングする時に知っておきたい点をまとめてみました。

 

 

 

 

 

■コートのクリーニングの頻度はどれくらい?いつクリーニングに出せばいい?

 

 

 

クリーニングは便利ですが、しょっちゅう利用していると、そのお値段も馬鹿になりません。コートは何着か持っているという方のが多いかもしれませんが、1週間毎日違うコートを着るほど持っているという方も少ないのではないかと思います。また、毎年コートを買い換えるかと言いますと、お値段の張るコートを買った場合、1年で捨ててしまうのは勿体無いですから、数年は着る事になるでしょう。

 

 

 

枚数を比較的持っていて、毎日着ないコートであるならば、年に1回シーズンが終わる前にはクリーニングに出しておくといいでしょう。たとえ、その年に1回しか着なかった場合でも、コートには目に見えない埃や汗の汚れを含んでいたりするものです。そのまま放置してしまった場合、その汚れが黄ばみの原因になってしまったり、嫌な臭いの原因になる事もあります。目に見えないからといっても、コートは外気にも触れるので、外からの汚れも吸収してしまうのです。クリーニングに出さずにしまうと、虫に食われたり、カビの元になったりもします。

 

また、毎日頻繁に来ているコートの場合、月に1回を目安にクリーニングに出すといいでしょう。目立つ汚れが付いた場合はその都度クリーニングに出してしまった方が、早く汚れを落とす事が出来ますし、虫食われも防ぎ、清潔に保てます。

 

 

 

 

 

■コートのクリーニングの料金はいくら?

 

 

 

クリーニングといってもコートのクリーニングとなると、通常よりはお値段が高くなります。それに、コートと一概に言いましても、コートの種類って色々ありますよね。ハーフ丈のものからロング丈のものまで、その長さも違いますし、素材だってコートによって全然違います。ファーがついてるなど、コートの装飾もそれぞれ違ってきます。クリーニングに出した時に追加料金がかかって予想以上に高かったなんて事もあるかもしれませんので、参考までに一般的なクリーニングの料金を挙げておきたいと思います。

 

ロングコートの場合ですと、平均的にみて1,000円から3,000円程度、ハーフコートでは800円から2,500円程度となっています。ロングコートは膝下からくるぶし辺りまでの長さのコートとなり、ハーフコートは腰から膝上の丈のコートとなります。

 

ボタンなどが特殊なものの場合、300円から500円程度追加料金がかかってきます。ファーやフードが付いていると、追加料金が加算されます。アンゴラやカシミアなどの高級素材のコートでも、1,000円程度から3000円程度はかかります。

 

 

 

 

 

■ドライクリーニングって何?

 

 

 

クリーニングに出す際、よく耳にするのがドライクリーニングという言葉ではないかと思います。このドライクリーニング、通常のクリーニングとどこが違うのかと言いますと、ドライクリーニングは水を使わず有機溶剤を使用して洗います。ドライクリーニングでは基本的に石油系溶剤が使われる事が多く、この溶剤にドライクリーニング用の洗剤を入れて洗います。溶剤で洗うので、皮脂や口紅などの油性の汚れを落とすのには最適ですが、汗など水溶性の汚れは落ちにくいといったデメリットもあります。

 

コートのようにアウターとして着る衣類は、排気ガスから出るスス汚れや埃が皮脂によって固まったものが主な汚れとなりますので、ドライクリーニングによってこれらの汚れを落とす事になります。

 

ですが、ドライクリーニングの最大のメリットは型崩れがしにくいといった点にあります。

 

 

 

 

 

■家庭でもドライクリーニングって出来るの?

 

 

 

家庭用の洗剤にもドライ専用のものが出ていたりします。という事は、家庭でもドライクリーニングが出来るのでしょうか。家庭ではドライクリーニングは通常出来ません。確かに、ドライマークが付いた衣服を洗える洗剤はありますが、このドライ衣料用洗剤は、水で洗っても型崩れや縮みが起こりにくいといった洗剤ではありますが、水で洗うものです。

 

ドライクリーニングでは水の代わりに有機溶剤を使っているので、一般のご家庭で本来のドライクリーニングを行う事はまず出来ません。

 

 

 

 

 

冬場に大活躍するコートは、直接肌につくわけではありませんし、そんなに汚れが目立つわけでもありません。しかし、洗わずにしまうと、翌年にそこから酷い汚れが浮き出てきて、一気に劣化してしまう場合もあります。セールで買ったその年だけ着る、安いコートならともかく、高いお金を出して買ったお気に入りのコートを長持ちさせるなら、クリーニングを利用して、次のシーズンにも気持ち良く綺麗なコートを着たいですよね、

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ