MENU

画像

いつも着ているコートの汚れが気になる…という方は意外と多いのではないでしょうか。冬の間に着ていたコートをクリーニングに出そうかどうかと悩んでいる方も多いです。しかし、コートをクリーニングするにしても、忙しくてなかなか出すことが出来ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、自宅で洗濯をする時間もないので、ついほったらかしにしてしまうと言う方も多いです。

 

特に育児中の女性や、お仕事をされているという場合には、なかなかクリーニングにまで手が回らないことも多いです。しかし、コートをクリーニングすることで、色々なメリットがあるといえます。

 

そこで、コートクリーニングのメリットと、するべき理由について詳しく見ていきましょう。

 

まず、コートクリーニングをするべき理由ですが、これには色々な理由があります。まず、コートというものは、一見汚れていないように見えることが多いです。コートは暗い色のものも多いですし、素材から汚れが目立ちにくいこともあります。このため、つい汚れについて意識をしないままでいることも多いのです。

 

しかし、汚れていないように見えて、コートは意外と汚れていることが多いのです。

 

たとえば、雨の日や雪の日などにコートを着て外出をした場合、これらの水分を吸収してしまいます。この結果、コートにカビが生えてしまったりする原因になってしまうのです。

 

また、冬場には、コートを着て、屋内に入ることもあります。屋内では、暖房がついていることが多いため、この暖房の中では汗ばんでしまうこともあります。

 

この汗などをコートが吸収してしまうため、やはりこの汗なども臭いやカビの原因となってしまうのです。

 

また、コート汚れなどをそのままにしてしまうと、目立った汚れなどは放置することによって、染みついてしまい、取れなくなってしまうことがほとんどです。このため、汚れが付着してしまった場合には、すぐにクリーニングに出すことが必要なのです。

 

クリーニングをすることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

まず、クリーニングをすることによって、これらの汚れなどを上手く落とすことが出来るというメリットがあります。

 

クリーニングをするにしても、費用がかかってしまうので、少しでも節約をしたいという方もいらっしゃると思います。しかし、自宅で洗濯をした場合には、失敗をしてしまうと言うリスクがあります。

 

特に高いコートを洗濯してしまった場合、シワシワになってしまったり、色落ちしてしまったりと、失敗をしてしまうと言う可能性があります。コートの素材によっては毛玉が出来てしまうと言うこともあります。

 

クリーニングをすることで、こういった失敗をすることがなく、綺麗に保ち続けることが出来るといえるでしょう。

 

しかし、コートクリーニングは、どのぐらいの頻度で出せばいいのかと悩んでいる方も多いでしょう。

 

コートによっては、それほど何度も出さなくても良い場合もあります。

 

たとえば、素材の風合いなどを長く楽しみたいという場合には、それほど何度もクリーニングに出さないほうが良い場合もあります。大体、ワンシーズンに1度ぐらいの頻度でクリーニングに出せば十分であるといえるでしょう。

 

しかし、子育てをしているという方の場合には、お子様のよだれや鼻水などで汚れてしまっているケースがあります。この場合には、シミや付着した汚れが取れなくなってしまうことがあります。このため、クリーニングに頻繁に出すことがおすすめです。

 

特に目立つ汚れがないという場合には、クリーニングに出さない方が長持ちする可能性もあるのです。この見分け方が肝心であるといえるでしょう。

 

コートクリーニングの価格の相場ですが、最も高いと言われているのがダウンコートなどになります。その次には、ロングコートであるとされています。

 

大体膝下やくるぶしまで長さがあるコートはロングコートになりますので、通常のコートよりも金額が高めに設定されていることが多いです。

 

しかし、これよりも短めのハーフコートになると、クリーニングの料金も比較的安くなることが多いです。またショートコートの場合には、ジャケット扱いになるため、さらに安い価格になることも多いです。しかし、気をつけなければならないのは装飾品関係です。たとえば、ボタンの形状などが特殊である場合には、乾燥機を使えなかったりするので、別ルートでクリーニングする必要があります。このため、追加料金が発生することがあります。

 

また、フード付きのものやベルト付きのものは、それらを取り外して、別で追加料金がかかることになります。

 

しかし、フードをクリーニングしないままでいると、素材の風合いが変わってしまったりして違和感が生じてしまうこともありますので、クリーニングの際には、同時に出した方が良いといえるでしょう。

 

このように、自宅で洗濯できないという場合には、一度コートクリーニングを検討してみることがおすすめです。

 


このページの先頭へ