MENU

画像

秋から冬にかけて、ビジネスコートを着用するサラリーマンの方も多いと思います。一言にビジネスコートと言っても、色々な種類があります。その種類ごとに、ビジネスコートのクリーニングの料金も方法も変わってきます。そんなビジネスコートについてです。

 

 

 

ビジネスコートと言えば、ステンカラーコートを着用しているサラリーマンの方が多いと思います。ビジネスコートの王道と言うべきコートですから。ステンカラーコートは、防水加工されたコットン生地を使用しているものが多いです。このステンカラーコートをクリーニングするときは、染みなどの汚れを取ってもらいます。ステンカラーコートのクリーニング代ですが、クリーニング店にもよりますが、1200円くらいから行っているところが多いのです。ステンカラーコートは、着る期間も、それなりに長い期間着用出来ますから、染みなどの汚れも多くなりますので、シーズンごとにしっかりとクリーニングに出すことが大事になってきます。また、1500円から出来るクリーニング屋さんが多いのですが、ブランドによって、料金が上がりますので、最初に聞いてみるのがおススメです。

 

 

 

次に、チェスターフィールドコートです。チェスターコートと呼ばれていて、生地は、メルトン生地が多いです。こちらのチェスターフィールドコートは、ビジネスだけではなく、冠婚葬祭などにも着用できるので、普段、コートを着用しない男性でも、1枚持っているという方が多いでしょう。このチェスターフィールドコートのクリーニングは、1800円くらいから行っているところが多いです。普段、ビジネスコートとして着用している人は良いのですが、冠婚葬祭だけで着用した方は、一度でも着用したら、クリーニングに出すと良いでしょう。チェスターフィールドコートも、多くの有名ブランドで出しているので、こちらもブランドにより料金が変わってきます。またボタンなどの形状によっても、料金の変動がしてきます。

 

 

 

次にトレンチコートです。こちらは冬というよりも、少し暖かくなってから着用するものです。春先に着用する機会が多いと思います、汚れはもちろんですが、花粉なども着用も気になりますから、念入りにするのが良いでしょう。こちらの料金は、ステンカラーコートやチェスターフィールドコートに比べると、どのクリーニング店も少し安くなっていて、1200円くらいからクリーニングを行っているところが多いのです。春先に着用することが多いトレンチコートですから、冬に着用するチェスターフィールドコートなどに比べて、比較的、明るい色を選ぶ方も多いと思いますが、黒などのシックな色に比べ、明るい色ですと、シミや汚れも目立ちやすいので、クリーニングに出す機会も増えることでしょう。

 

 

 

ビジネスコートと言うと、スーツを着て、営業などをしている人が着用するイメージですが、通勤だけに着用するという男性もいると思います、そのような男性に人気なのが、ダウンジャケットコートです。これは、ビジネスコートと言うよりも、普段使いのコートと言うイメージの方が強いと思いますが、流行りなどもなく、どの年代にも人気のコートです。ダウンジャケットコートは、2000円くらいからクリーニングを行っているところが多いのです。ダウンジャケットコートで、フードがついていることも多いです。このようなフードなどを合わせて、ダウンジャケットコート1着としてクリーニング代がかかるのではなく、フードは別料金になっているクリーニング店もありますので、最初に聞いておくのがおススメです。また、ダウンジャケットコートは、長さがまちまちです。ロングダウンジャケットコートと、短いダウンジャケットコートでは、料金が異なってきます。ブランドに関係なく、このダウンジャケットコートが、クリーニング店によって、料金の格差が大きいです。高いものですと、万単位するのです。

 

 

 

最後に、革を使用したレザーコートです。レザーは、クリーニングだけではなく、日ごろからのお手入れが大事になってきますが、素人が日々お手入れだけしていても汚れは落ちませんから、時々はクリーニングに出します。レザーコートも、長さでクリーニング料金が変わってきますが、コートの中では、どのクリーニング店でも一番料金設定が高くなっています。安くても、7000円くらいからですが、しっかりとお手入れが出来るレザークリーニングが出来るお店に依頼するのがおススメです。そのようなお店では、基本的に、10000円くらいから行っています。

 

 

 

クリーニング店も、自分で持ち込むと少し安くなったり、会員になると安くなったり、また時期を少しずらしてもセールなどで安くなる場合があります。コートをクリーニングする場合は、それなりの料金がかかります。ビジネスコートですと、高給ブランドのものを着用している方も多いと思います。同じ種類でも、ブランドによって、またそのボタンなどの装飾の類によって料金が変わってきます。

 

どんなに忙しくても、清潔感あふれる服装で、仕事をするのもマナーですから、シーズンごとにしっかりとコートをクリーニングすることも身だしなみの1つになります。集配サービスなどを利用するなどして行うのもおススメです。

 

 

 


このページの先頭へ